MP44レプリカスリング

外部ソース専用のため、電動ガンと同じように装弾数の多いノーマルマガジンが扱えるSHOEI MP44 ABB(GBB)。命中精度は劣るものの飛距離が良好でサバゲーに投入したのですが、スリング無くて使いにくいのが目立ちました。

そこで、SHOEI MP44 ABB(GBB)用に売られているレプリカスリングを導入してみることにしました。

最近のモデルをエアガン化しているものであればスリングの取付けに困ることはまずないのですが、SHOEI MP44 ABB(GBB)はWWIIモデルだけにスリングは専用品となります。

本物も市場にはあるようですが、コレクターではないので今回はAmazonでレプリカを購入することにしてみました。

琥花堂というところが取り扱っているドイツ軍 MP44 STG44 本革製 スリング リプロダクションを今回はチョイス。

ドイツ軍 MP44 STG44 本革製 スリング リプロダクション

レプリカとはいえ6千円中の売価なのですが、この状態で届いたのでちょっと拍子抜けしてしまいました。何だか中華の安物っぽいイメージがプンプンします。

革製品特有の匂い

材質は革なので、梱包を解くと革製品特有の匂いが漂ってきます。

先端部

先端部はこのようになっています。片方側は金属性のピンと穴。

バックルのようなスライダー

反対側はバックルのようなスライダーがついています。

マジックの跡

しかし、よくよく見ると罫書きに使ったのかマジックの跡が・・・。今回はあくまでもスリングとして機能すれば良いので他は気にしていませんが、刻印が有りと表記しながら実際には無いなど価格ほどの価値があるとはとても思えない品質なので、上質なレプリカを求めているのであれば避けるべきでしょう。
 
今回は使えれば良いので、そのままレプリカスリングを取付けていくことにしました。

なお、取り付け説明は当然無いので、ネットで調べて見よう見まねで取付けてみたのですが、ここで紹介する取付け方が正しいのかは分かりません。

ピンをペンチで取外す

最初はピンをペンチで取外します(取れなかったらスリットをカッターで拡張)。

裏側見える状態で差し込み

マズル側のスリング取付け部にスリングを裏側見える状態で差し込みます。

折り返してスリングのベルトリングに

折り返してスリングのベルトリングに2

そのまま、折り返してスリングのベルトリングに通します。

スリングが最長になるように引っ張る

さらにスライダーに通して、スリングが最長になるように引っ張りましたが、パーツの精度か設計が悪いのか、スルスルとベルトが動くので長さを固定することはできません。

ストックに通し

最後にストックに通して・・・

反対側

反対側に2つの穴が見える程度に引き込みます。

ピンを取付けて固定は完了

2つの穴に最初に外したピンを取付けて固定は完了です。ピンはかなり入りが渋いため、一度固定したら早々取れることはないでしょう。

MP44レプリカスリング

で、取り付けを完了したのはよいのですが、このスリングは戦闘中に使うスリングというよりは、非戦闘時の移動時に使うスリングのようで(当時の写真を見るにスリングは掛けずに使っていた)、長さが短いため現代物のスリングとしての機能は持ち合わせていないようです(設計が古いから仕方ないね)。

戦闘中に使うスリングとして勝手に想定していたので、思った物と違うという結果になりましたが、現代物のスリングを使うとなると本体側に手を加える必要が出てきそうなので、このまま使おうと思っています。

さて、スリングについてはとりあえず現状で保留ということになりましたが、サバゲーでは、AKよりも長いせいで一般的なマガジンポーチまともに収まらないマガジンの運搬も問題だったので今度はレプリカのマガジンポーチでも漁ってみようと思います。