C-Tecカート

前回、キャロムショット マルイNEWパイソン用357アキュラシーカートにより、マルイのコルトパイソン.357マグナム 6インチ ガスリボルバーをカート式に改造してみたのですが、実はもう1つ同じようにカート式にできるC-Tecカートがあります。

キャロムショットのカートは、初速が向上したうえ純正の高い命中精度もそのまま維持するという好成績を残しましたが、C-Tecのカートは安価なため、サバゲーに大量投入する事を考えるとC-Tecカートがコスト的に有利なので比較検証のため購入してみることにしました。

パッケージ

こちらがC-Tecのマルイガスリボルバー用のカートです。どこかで見たような・・・と思った人もいるかもしれませんが、このカートの製造元はレインボーラグーン・MARUGOと同じ所です。

MARUGO社のブランドであるレインボーラグーンはMARUGO社の店じまいでMARUGOブランドのカートごと消滅したようで、現在はC-Tecとして別の店を通して販売されているようです。

C-Tec・レインボーラグーン・MARUGO

そのため、市場ではC-Tec・レインボーラグーン・MARUGOの名義で売られているカートは表記こそ違うものの中身は変わりません。

見た目は実弾に似た色合

このC-Tecのカートですが、少し色合いが違うカートが混ざっていたのと、表面の仕上げが今ひとつですが、見た目は実弾に似た色合で、雰囲気だけならC-Tecのカートがそれっぽい感じを醸しています(キャロムショットはあれでカッチリとして好み)。

キャロムショットのカートと同じように見える

構造としてはキャロムショットのカートと同じように見えます。

カートが伸縮する構造

カートが伸縮する構造も同じです。

が・・・、C-Tecのカートはキャロムショットとは違い、細部が異なる構造になっています。これは大きな問題となるのですが、それについては後述で詳しく掘り下げていきます。

8個のパーツから組み上がっている

カートはキャロムショットのカートと同じように分解できるようになっており、8個のパーツから組み上がっています(2個はBB弾の保持のパッキン)。

このためキャロムショットのカートでも問題となった、使用時のネジの緩みがC-Tecのカートでも出るため、使用前に増し締めをしておく必要があります。

カート式への改造方法についてはキャロムショットのカートで紹介していますので、そちらをご覧ください。

C-Tecのカートを入れた状態

これが、C-Tecのカートを入れた状態です。真鍮のズッシリとした質感と重みが感じられます。

カチャカチャと音が出るのも同じ

もちろん似たような構造のため、シリンダーの隙間をカートが移動してカチャカチャと音が出るのもキャロムショットと変わりません。

カートの重量

カートの重量も14gとキャロムショットのカートと1gしか変わりないため、カートを装填した状態の重量もほぼ変わり無しです。

初速が向上

マルイのコルトパイソン.357マグナム 6インチ ガスリボルバーはすでに外部ソース化しているため、そのままカートを交換して計測してみましたが、結果はキャロムショットのカートよりも若干低い値になっています。

※0.2gBB弾 外部ソース化 二次圧力0.55Mpaの環境で計測
70.91 m/s
76.92 m/s(最高初速)
72.89 m/s
70.67 m/s(最低初速)
72.91 m/s
73.78 m/s
平均初速73.01 m/s

外部ソース後

同条件でキャロムショットのカートを使用した初速はこちらです。
73.95 m/s
74.63 m/s
76.76 m/s
78.66 m/s(最高初速)
76.89 m/s
72.88 m/s(最低初速)
平均初速75.62 m/s

初速の差については微々たるものですが、キャロムショットに軍配が上がります。これもカートの構造が細部で異なることに起因します。

C-Tecとキャロムショットのカートの違い

さて、上記で出てきたC-Tecとキャロムショットのカートの違いについて、ここで詳しく解説していきたいと思います。

カート後端を押さえると

C-Tecとキャロムショットのカートの違いは、キャロムショットはカートが収縮すると保持していたBB弾を弾頭から押し出しながら収縮する構造に対し、C-Tecのカートは同じように縮むもののBB弾は弾頭部分に保持されたままという点です。

インナーバレル後端

これにより、マルイの純正状態と同じ場所(チャンバー)から発射されるキャロムショットのカートは命中精度の点で有利ですが、一般的なカート式リボルバーと同じように発射されるC-Tecのカートは命中精度の点で圧倒的に不利です。
※ターゲットペーパーで比較する必要がないほど悪化するのが目に見えて分かる

カート式リボルバーの命中精度が悪い原因は主に2つあります。

シリンダーの位置

1つはシリンダーには必ず遊びがあり、毎回位置が微妙に異なるため、シリンダーとインナーバレルとのギャップ差が生まれてしまい、シリンダーから発射されたBB弾がこの差でつまずき、インナーバレル内部で干渉しすることで初速が落ちるだけでなく、BB弾に不要な回転がかかりフライヤーが出やすいこと。
※フライヤー:変化球のような弾道のこと
※マルシン製カート式リボルバーはこの症状が顕著に出る

BB弾の保持状態がカートごとに違う

もう1つは、BB弾の保持状態がカートごとに違う(チャンバーが6個あるようなもの)ため、初速にばらつきが出やすいことです。この2つの問題があるため、長距離になればなるほどカート式のリボルバーの弾道は不安定になりがちです。

これだけで済めばよかったのですが、C-Tecのカートを使用した際に0.2gBB弾で30m程度の飛距離しかでないという残念な結果が出ています。
※水平にエアガンを構えて着弾した距離

同条件で比較した際に、キャロムショットのカートは45mに届きそうな勢いがあったため、おそらくC-Tec製のカートを使用した際はホップアップが殆どかからないのでしょう(ノンホップアップのような弾道だった)。
※飛距離は外部ソース化して初速を向上した状態での話

綺麗な仕上がり

結果、サバゲーに投入するのであればキャロムショットのカートが命中精度、飛距離の点で圧倒的に有利になります。

C-Tecのカートにもメリットはある

しかし、C-Tecのカートにもいくつかのメリットはあります。

一般的なカートと同じように押し込むだけで給弾

まず、BB弾を詰め込む際、一般的なカートと同じように押し込むだけで給弾できるため、その点は非常に楽といえます。

キャロムショットの場合は、カート先端をつまんで固定しないとBB弾は正しく装填できない構造になっています。

また、交戦距離が短い(20m程度)インドア戦であれば飛距離や命中精度の差がそれほど開かないので、C-Tec製のカートも場所を選べば使えないことはないでしょう。価格も若干安いので大量に使う場合は財布に優しいです。

シリンダーへの入り具合が深い

他にも、スピードローダーを使用した際に、キャロムショットよりもシリンダーへの入り具合が深いのでリロードの際はカートを落としにくいというメリットもあります。
※スピードローダーはHKSのPY-Aを使用

M19やM66でも使える

何より、キャロムショットがマルイのガスリボルバー コルトパイソン専用(新旧別々のカートが用意されている)なのに対して、C-Tecのカートは新旧問わずマルイのガスリボルバー コルトパイソン・M19・M66で使えるのは大きなメリットでしょう。

ということで、マルイのコルトパイソン.357マグナム 6インチ ガスリボルバーをアウトドアフィールドのハンドガン戦に投入することを考えると、C-Tecのカートでは能力不足ということが今回の検証で分かりましたので、近いうちにキャロムショットのカートを大量に導入することにします。

スピードローダーケースも検討用に購入

少し話はそれますが、サバゲーに投入することを考えて一緒にスピードローダーケースも検討用に購入してみました。

スピードローダーと同じHKS製

こちらもスピードローダーと同じHKS製の製品です。

HKS スピードローダー用ケース L (バスケットタイプ)


ものはHKS スピードローダー用ケース L (バスケットタイプ)。

安価で実用性は十分

質感は価格なりですが、安価で実用性は十分だったので、今後、リボルバー専用のガンベルトを組む際に使ってみようと思います。

まとめ

検証の結果、C-Tecのカートは、マルイがリボルバーから排除した命中精度・飛距離を欠く要素を復活させる構造となっており、サバゲーで使う場合、長距離になればなるほどC-Tec製のカートは不利になります。

その代わり、給弾時はスピードローダーに取付けてBB弾の袋にでも押し込めば簡単にBB弾が填ってくれるので給弾は非常に楽ですし、マルイのガスリボルバーM19やM66でも使えるのは大きなメリットです。

見た目もC-Tecは.357マグナムに似た見た目をしているため、飾ってたまに室内でプリンキング、もしくはインドア戦のみで交戦距離が近い場合ならC-Tecを、命中精度をシビアに競う場合やアウトドアフィールドのハンドガン戦で使うのであればキャロムショットが有利という結果でした。