BLACKHAWK!

サバゲーでサイドアームを使用する機会は多くはありませんが、いざ使う際にサッと抜いて構えることができ、使い終わったらサッと戻せる、なおかつ、しっかりとハンドガンを保持し、走っても邪魔にならないうえにハンドガンが勝手に抜けないというわがままみたいな要求に答えてくれるBLACKHAWK!のホルスター。

今回は、サバゲー用に新しく導入する予定のハイキャパ5.1ゴールドマッチに使えると話のCOLT1911ライトベアリングホルスターを購入してみました。

パッケージ

ハイキャパ5.1ゴールドマッチはコルトガバメントベースのレースガンですが、ハイキャパ5.1の段階で、すでにノーマルのCOLT1911用BLACKHAWK!ホルスターに入らない事が分かっています。

COLT1911ライトベアリングホルスター

しかし、アンダーレールにフラッシュライトを装備した状態で収納できるCOLT1911ライトベアリングホルスターがハイキャパ5.1で使えるため、ハイキャパ5.1ユーザーの一部はそれを使っているようです。

パッケージ裏

ただ、ハイキャパ5.1ゴールドマッチはハイキャパ5.1よりもシャーシが太くなっており、特にアンダーレール部分が大きく変化していることもあり、COLT1911ライトベアリングホルスターに入るか心配でしたが、物は試しと人柱覚悟で取り寄せてみました。

中身

中身はBLACKHAWK! COLT1911ライトベアリングホルスター本体、ベルトループ、パドルホルスター、ベルトループの調整パーツ、パドルホルスター固定用のネジ、マニュアル類です。

通常のBLACKHAWK!ホルスターよりも大型化

ホルスター本体はNight-Ops社のXiphosライトを取付けた状態で収納できるようになっているため、通常のBLACKHAWK!ホルスターよりも大型化しています。

開口部も大きい

最初上下が逆に見えたため、右利き用を頼んだのに左利き用が来たと勘違いしましたが、どうも、BLACKHAWK! COLT1911ライトベアリングホルスターは右利き用しか国内に流通していないようです。

ベルトループ

本体の他にベルトに通してホルスターを留めるベルトループ。

パドルホルスター

ズボンとベルトとを併せて固定するパドルホルスター。

調整具とホルスター固定ネジ

そして、ベルトループ・パドルホルスターの調整具とホルスター固定ネジが一緒になっています。
 
ベルトループの取付け

ベルトループはこのようにベルトに取付けて使用します。

調整バンド

ベルトが細くて上下に動くときは調整バンドで隙間を埋めてホルスターの動きを抑制します。

パドルホルスターを取付け

パドルホルスターはズボンに取付けますが、そのままだとホルスターが抜けることもあるため、ベルトに爪を引っかけて抜けを防止します。

爪を取りつけておく

ホルスターの背面にベルトの幅に合わせて爪を取りつけておきます。

大きい半円部分をズボンの中に入れ、ホルスターがネジ止めされているプレート部分を外に出し、爪をベルトに引っかけたら取付け完了です。

ホルスターが抜けることはない

この状態なら、ロック解除に失敗してホルスターごと引っ張り上げてもホルスターが抜けることはありません。

間違った取り付けをすると抜けますが、元々、軍や警察などの法執行機関が使っているものなので固定はしっかりと考えられています。
 
タクティカルベストに取付け

サイドアームのグロック17はMOLLEプラットフォームを使いタクティカルベストに直接取付けていますが、今回は腰に装着するためパドルホルスターとして使う予定です。

思ったほどスムーズでは無い

ホルスター本体をパドルにネジで固定し、腰に取付けてハイキャパ5.1ゴールドマッチを差し込んでみましたが、同社のグロック17用のホルスターと比べると、とてもスムーズとは言えない状態です。

シャーシ右横には干渉した部分が・・・

どうやら、パーツやシャーシの一部が干渉しているようで、シャーシ右横には干渉した部分が擦れてテカリが出ています。

塗装が剥げる

他にも、スライドストップの先端部が干渉して塗装が禿げるなど、使うほど外装にダメージが入ります。

ロック時でも1cm程度銃が動く1
ロック時でも1cm程度銃が動く2

これに加えて、ロックがかかった状態では抜けはしないものの、1cm程度銃が動くため、激しい動きをすると余計に擦れて外装にダメージが入っていきます。
 
グリップ右上部のフレーム

また、ダメージは無いものの、グリップ右上部のフレーム・・・

ホルスターに干渉

スライドストップの操作箇所がホルスターに干渉していることが分かりました。

元々、実銃コルトガバメント及びクローンモデル用なので干渉するのは仕方がないことですが、ハイキャパ5.1ゴールドマッチで使う分には干渉はするものの実用レベルに達しています。

引き抜きは上に強く

何度か抜き差ししてみましたが、上に引っ張り上げる際に気持ち強めに上げてやらないといけないとスライドが長いためホルスターから抜ききれないことがあります。

ホルスターを若干腹側に寄せると良くなる

これについは、ホルスター本体の取付け角度を斜めに変更して、斜め後方に銃を抜くようすると改善します。また、ホルスターを若干腹側に寄せたところ、さらに抜きやすくなりました。

差し込み時については、差し込み位置をある程度意識しておかないといけません。ライトが取付けられている状態が前提のため、開口部が広く、マズルをライト側のレーンに入れてしまわないようにする必要があります。
 
意識して戻す必要あり

また、差し込む際の角度も重要で、構造上スライド前部がホルスター上部に引っ掛かりやすいのも気になります。

実用性は十分

グロック17用に購入したBLACKHAWK!ホルスターの使い勝手が非常に良かっただけに、COLT1911ライトベアリングホルスターの使い勝手については少し残念なところもありましたが、BLACKHAWK!だけあって、ナイロン製の汎用ホルスターより遥かに使い勝手は良いので、このままサバゲーへと導入してみようと思います。