PPS M870

レビューの前にいきなり修理レポートになるのは、中華エアガンでは珍しいことではないのですが、元々癖のあるエアガンのコピーモデルなので、かなりの曲者、もとい変態向けとなっているPPS M870。

手元に届いたは良いが、箱出し当初からシェルがチューブマガジン出口付近で詰まり、シェルの給弾不良が出ていたため、急遽使えるように修理調整をしてみました。

給弾口付近にあるスペーサー

問題となっている箇所はチューブマガジンの給弾口直近にあるスペーサーです。

このスペーサーの途中でシェルのリムが引っ掛かり、本来出てくる位置までシェルが出てこないため、シェルの給弾不良を起こしていました。

まずは、現状把握のため分解していきます。チューブマガジンはねじれば外れるため、マガジンの中身は簡単に取り出すことができます。

スペーサー件ストッパー

中にあるのはバネとシェルを押し出すマガジンフォロワー、そしてスペーサー件ストッパーです。

このスペーサーは、シェルのリムがチューブマガジンの段差で引っ掛かるのを防止する効果と、マガジンフォロワーがチューブマガジンから飛び出すのを防ぐストッパーを兼ねています。

シェルのリムが引っ掛かる

このスペーサーの途中でシェルのリムが引っ掛かるため、サンドペーパーで研磨して径を僅かに広げることにしみました。

治具

手で研磨すると時間がかかりすぎるため、急遽ドリルドライバーとドリルビット、養生テープを組み合わせて治具を作ります。

この棒に耐水サンドペーパーを巻き付け、ドリルドライバーを回転させれば、内側が均等に研磨できるというわけです。

お手軽研磨

研磨時はかなりの発熱を伴うため、耐水サンドペーパーを使い、水を付着させて冷却しながら研磨します。

回転体を扱う場合は手袋禁止なので、素手でこのスペーサーを 持っていましたが、案の定指の表面まで削れて水がしみる自体に・・・。
研磨完了

最初はガッツリ削るため#180の粗めで削り、シェルが通るようになったら#1000で表面を整え仕上げをします。これでシェルが引っ掛かることもなくなりました。
 
好きな人にはたまらない

しかし、蓄圧式のライブシェルという異色中の異色エアガンPPS M870。

チューブマガジンにシェルを一発一発詰め込む動作・・・。ポンプアクションによるリロード、そしてエジェクションポートから飛び出るカート・・・。

その一連の動きが全て楽しいと感じる1挺です。長い間予約して待っていたかいがあったというもんです。