環境配慮タイプエアダスター202-CD009

ガスガン用に安価なHFC-152aガスのエアダスターを流用する方法は前にYouTubeで紹介しましたが、その際、サンワサプライのCD-29ECOに使用されているノズルがガスガン用ガスのノズルにピッタリとフィットするため最適なダスターとして紹介しました。

しかし、他のダスターのノズルがフィットするのか、ダスターの残りも少なくなったこともあり、同じサンワサプライの環境配慮タイプエアダスター202-CD009を充填向けに買ってみました。
CD-29ECOと


サンワサプライの環境配慮タイプエアダスター202-CD009はCD-29ECOの環境配慮モデルという位置付けのため、ノズルは同じものが採用されている可能性が高いと踏んで選択してみました。

ノズルは同じ

一応使えないときや他のダスターでも使えるようにCD-29ECOのノズルを数個保管していますが、どうやらノズルの形状は同じものでした。

チャージ!

このようにノズルにピッタリとフィットしてガスを充填することができます。1個ほど空になっていたガス缶を充填してみましたが、トラブルもなくほぼ全てのガスを移すことができました。

こちらは付属のノズルで

最近ではPCの掃除や撮影時のチリ・ホコリ除去に使う、逆さま使用OKのダスターにもガスを充填して再利用しています。 

本来はDMEガスが入っているため、HFC-152aを充填して使った際、逆さまにして吹きつけると生ガスが出てこないか不安はありましたが、HFC-152aでも問題無く逆さまで使う事ができました。

逆さ使用OKのダスターは割り高ですが、こうして充填してつかえば安価に再利用することができます。

再利用でランニングコストを抑える


ということで環境配慮タイプエアダスター202-CD009はCD-29ECOと同じように使えることが分りました。

202-CD009は1本だと送料が高くつき割り高で、6本セットでも送料を含めると1本当たりの価格がCD-29ECOとほとんど変わらない値段になりますが、1本の商品を2本追加すれば送料無料となり1本あたり480円で購入ができます。

空撃ちや適当に撃って遊ぶ際はエアダスターから充填したHFC-152aガスを使っていますが、この価格なら気兼ねなく使っていけます。