S&T M870 ロングバージョン


去年発売され、フルメタルでリアルウッドなのに2万円を切るエアーコッキングショットガンということで人気が出たS&T M870シリーズ。

価格の割りに作りは良さそうなので飾り用にと即座に予約して購入したのですが、届いてみると意外と素直な弾道で中華製でもサバゲーに使えそうだと感じる完成度になっています。
 

この、S&T M870シリーズはマルゼンCA870シリーズのコピーで、S&Tが出す以前にもA&KやG&PがCA870のコピーモデルを出しているので後発の後発となります。

ウッドハンドガード

しかし、S&T M870シリーズが人気となった原因は中華製にしては質の良いウッドストック(A&Kのウッドストックは微妙)とフルメタル(G&Pはウッドモデルが無い?)そして価格が安価でそこそこ流通があるという点でしょう。

ウッドストック

もちろん中華製のためスットクやメタルパーツ部分に小さな傷や汚れなどはあります。

メーカーのロゴ

アクションバーロックは無可動、メーカーのロゴがデカデカとプリントされている点、エジェクションポートの見た目は雑というところも気になりますし・・・。

手抜き

また、見えないところは手抜きで素地が見える箇所があるなど不満な点もありますが(汚れなので拭けば綺麗になります)、価格を考えれば納得できる仕上がりに感じます。正直、中華製でここまでのクオリティを出せるとは少し驚きました。

S&T M870シリーズはマルゼンCA870シリーズのコピーのため、基本的な仕様はオリジナルやコピーモデルとさほど変わりません。

マガジン

単発のエアーコッキングショットガンで、マガジンはボックスマガジンを使用するという中距離向けを意識した仕様となっています。

マガジンの互換性

マガジンはマルゼンCA870シリーズやG&PのM870シリーズと互換性があり、弾数で勝負するならマルゼンのマガジンを、見た目重視ならG&P製のマガジンが綺麗な仕上がりになっています。
※純正マガジンは22連(G&P製も同じ)。マルゼンのマガジンは40連。

ショートマガジンについてはショットガンらしい見た目になるのですが、レビューのため使用していたときにマガジンフォロワーが上がらず、BB弾が上がらない症状が出たため、結局マルゼン製のマガジンを使う事になりました。

マガジン分解

しかも、純正マガジンだけでなく、G&P製のマガジンまで詰まったため、BB弾の相性が原因の可能性は捨てきれませんが、構造的に問題があるのかもしれません(マガジンフォロワーがバリや狭いところで詰まっている可能性がある)。

マルゼン製のマガジン

とりあえずマガジンフォロワーの通り道にシリコンスプレーを吹きつけ応急処置としていますが、再発するようならサバゲーの時はマルゼン製のマガジンをメインで使うことにします。

マルゼンのマガジンはプラ製でチープですが、安価で数を揃えやすいですし、マガジンが抜き差ししやすいのでサバゲーで使うなら実用性は高いといえます。
アイアンサイトが無い

マガジンや同時発射数、命中精度は中距離向けの仕様となっていますが、外観はショットガンのため近距離使用向けとなっており、アイアンサイトは無く、マズル上部に切れ込みが入っている外観となっているため、そのままだと狙って撃っても当たりません。

レシーバーレール

このままではレビューすらできないということで、事前にマルゼンCA870/M870 & G&P M870シリーズ向けのレシーバーレールを取付けています。

これでダットサイトを付けて狙うこともできるのですが、S&T M870 ロングバージョンは初速が早く、中華製のエアガンにしては素直な弾道で簡易狙撃用として通用する性能になっています。

ライフルスコープを取付け

そこで、4倍のACOGスコープを取付けてみたのですが、接眼レンズが遠すぎて見にくいため、ライフルスコープを取付けて簡易狙撃使用にしました。アイレリーフが最適化され狙撃にはもってこいです。
マークスマンショットガン



国内メーカーのエアコキスナイパーライフルを使ったことがないため比較はできないのですが、実射性能としては、無風時に伏せて安定した姿勢を維持した状態で30m先の12cmディスクに10発中3発ヒットという結果になりました。

ホップアップ構造がつまずきホップのため、30mの12cmディスクを狙うとなると3・4発に1回程度弾道が大きくずれることがあるため、完全な狙撃仕様にするには厳しいところです。

30m狙撃

ただ、最前線にいる味方を少し後ろから狙撃で援護するには十分な性能で、条件が良ければヘッドショットも狙っていけると思います。

ショットガンで狙撃というメチャクチャな設定にはなりますが、まぁマークスマンショットガン(何だそれ?)ということで・・・。

ホップアップ

ちなみに、ホップアップについてはレシーバー近くのアウターバレル上部にある穴にヘキサレンチを入れ回して調整します。

中華製にしてはクオリティが高い

コッキングについては引き方が良くないとかなり渋くなったり、フォアエンドが戻らなくなったりとトラブルの原因となりますので、フォアエンドを捻るような力をかけずに真っ直ぐ引くことが求められます。

エアコキショットガン共通の問題として、連射していると腕がだれてきてコッキングが辛くなると真っ直ぐに引けなくなり、益々引きにくくなったり、ジャムの原因となるので、若干ではありますが扱いに癖があるといえます。

後、実射時の特徴としてはエアコキにありがちな発砲時のバネの共振が無いところでしょうか。撃った後のバイーンという安っぽい音が全然しないため、撃ったときの感触は重たい感じがして好感触です。

重量

重量についてはレールマウントがついた状態で2.8kgを超える重めの数値が出ています。

ロングバージョンのフルメタル故に仕方がないところですが、支えるものがない状態で狙っているとコッキング時の腕の疲れも加わり、腕がだれて命中率がどんどん落ちてきます。

お座敷ユーザーや飾る人には重みがあるので、見た目だけでなく持ったときの質感がズッシリとしてお勧めといえます。

初速

初速については96m/s台で初速のブレは1m/s以下という安定性をもっています。ホップアップの構造が良ければ相当優秀な弾道になった可能性はあったのかもしれません。

ただ、初速については高めのため、初速のレギュレーションが厳しいフィールドでは使えない可能性が高いです。インドフィールドは初速レギュレーションが厳しめですが、アウトドアフィールドならその初速による飛距離がメリットになると思います。


まとめ

ズッシリとした質量と質感のフルメタル、しかもウッドストックで中華製にしては命中精度は侮れないレベルに仕上がっています。しかも、これが1万円台で買えるとは思いもしませんでした。

中華製故に小さな傷やスレ、手抜き箇所があったり、コッキングの癖などマイナスポイントもありますが、価格からみれば総じて良い感じに仕上がっていると感じる内容でした。

アウトドアフィールドのサバゲーでセミオート戦をするなら、十分に通用しそうなので機会を見て投入しようと思います。