マークスマンショットガン


フルメタル・ウッドストック・予備マグ2つ・1万5千円という衝撃についつい衝動買いをしてしまったS&TのM870。飾りにするなら別に性能はどうでもいいかと思っていたら箱から出してびっくり!

90m/s前半で安定した初速、国内メーカーの性能に匹敵しそうな素直な弾道で、思った以上に性能が良くて驚きました。

この性能なら狙撃用に使えるかもしれないと思ったのですが、困ったことにS&TのM870はレールどころかアイアンサイトすらない近距離仕様なのでレールを取り付けてみることにしました。
 
S&TのM870はマルゼン CA870/M870のコピーモデルなので、同じくコピーモデルのG&P M870シリーズと高い互換性を持っているようです。

まだ販売されて間もないため情報はあまり出ていませんが、マルゼン・G&P・A&KのM870シリーズのマガジンが共用できたりとアフターパーツに困ることは無いかもしれません。
 

G&Pのレシーバーレール

運良く、G&Pからマルゼン CA870/M870 & G&P M870シリーズ向けにレシーバーレールが出ており、今回はこれで狙撃仕様にしてみようと取り寄せてみました。

中身

中身はレシーバーレールと装着済みのピンとネジ2つ、そして別にネジが2つという構成です。

主張しないロゴ

材質はおそらくアルミでしょう。
 

ネジとピンのある箇所

取り付け箇所はトリガー付近にある、ネジとピンのある箇所です。

ピンを抜く

ヘキサレンチでネジを外し、ピンポンチとハンマーでピンを叩いて抜きます。

軽くピンを叩き込むと入る

レシーバーレールのピンを差込んだ時に抵抗があったため、ピン太さが違うかもしれないという情報を思い出しダメかと思いましたが、軽くピンを叩き込むと入っていきました。

レシーバーレールをはめ込固定み

後はレシーバーレールをはめ込み、付属のネジで締めつけて固定すれば完成です。

なお、レシーバーレールはレシーバーに密着せず僅かながら浮いています。ぶつけない限りレシーバーに深く傷が入ることはないと思います。

また、レシーバーレールが浮いているため、ピストンが前進した後の衝撃で共振して低い唸りが発生するので、気になるならレシーバーレールとレシーバーの間にゴム板を挟みこんでおくと良いかもしれません(レール無しだとピストン前進後の音はほぼ無し)。

DOCTERタイプダットサイト

さっそくレールが付いたので、DOCTERタイプダットサイトを載せてみたり・・・


ACOGスコープ

ACOGスコープを載せてみました。

綺麗な弾道と恵まれた飛距離により、本来近距離向けのショットガンが長距離狙撃用になるとは皮肉ですが、これはこれで面白いので機会があればサバゲーに投入してみようと思います。

Remiちゃん

なお、次のエアガンレビューは、このS&TのM870ロングバージョンを予定していますのでご期待ください。かなりお勧めの一挺ですよ!