GUARDERのシリアルナンバータグ

東京マルイのグロックシリーズには実銃にないマニュアルセーフティーがありますが、このマニュアルセーフティーは使いにくく、思いもしないところででロックがかかると解除しにくいので困りものです。

特に、ロック構造が干渉しやすい位置にある、ブラックホークのCQCホルスターと組み合わせた場合、いざ抜いてもセーフティーがかかる可能性が僅かにあるため、対策として紹介されていたGUARDERのシリアルナンバータグを取り付けてみました。

金属プレート

この商品はタブプレートで、いってみればただの金属プレートです。今回はナンバー付きのものを選択しましたが、GLOCKシリーズにあわせていくつかナンバーが違うタイプと無地タイプが用意されています。

見た目からすると簡単に取り付けができそうですが、それなりに本体を分解する必要があります。

スライドを外す

まずはマガジンを抜き取り、スライドを外します。

ピンを抜き取り

トリガーを固定しているピンをピンポンチなどで叩いて抜き取ります。

ネジを解く

次に、トリガーガードのマズル側上に位置するネジを解きます。

テイクダウンラッチを外す

スライドの前進をロックしているテイクダウンラッチを押しあげている板バネを下に押し込み、横にスライドさせて抜き取ります。

ユニットごと取り外し

トリガーにテンションをかけているバネを外して、このユニットごと取り外します。これで、マニュアルセーフティーのパーツにアクセスできます。

マニュアルセーフティのパーツ

マニュアルセーフティのパーツを取り外してみたのですが、思っていたよりも大きなパーツでした。

シリアルナンバータグを取り付け

取り外したら、セーフティとなるナンバータグ部分のスリットへGUARDERのシリアルナンバータグを取り付けます。

後は逆の手順で戻しています。

バネを戻すのも忘れずに

テイクダウンラッチは刻印をハンマー側に向けます。ハンマーにテンションをかけるためのバネを戻すのも忘れずに。

スライドストップノッチ

スライドストップノッチとテンションをかけるためのバネは、この組み合わせ方で取り付けます。

テンションがかかる

正しく取り付ければ、ノッチをあげた際に戻ろうとテンションがかかります。

ピンを挿入

トリガーを固定しているピンはそのままだと挿入しにくいので、ドライバーなどで一度位置を整え、ピンを挿入すると簡単に組み込めます。

スライドを戻せば元通り

これでスライドを戻せば元通りです。

GUARDERのシリアルナンバータグ

シリアルナンバータグがすこし膨らんでいますが、タグは指で簡単に曲がるので、調整をすれば綺麗に取り付けられると思います。

ピッタリ

元々、セーフティが勝手にかかるほど緩くはないのですが、ロック構造が干渉してしまうBLACKHAWK!のCQCホルスターを使っても、勝手にセーフティーがかかることもなくなります。

外観が気になる場合にも使えますので、マニュアルセーフティ部分が気になるのであれば、手にしてみると良いかもしれません。