ライラクス カメラマウントベース

サバゲーで動画を撮影するにはいろいろな方法がありますが、一番手軽な方法はウェアラブルカメラを使うことです。しかしウェアラブルカメラを取り付けるマウントがないと折角のカメラも役に立ちません。

SONYのHDR-AS100V

私が所有しているウェアラブルカメラのコンツアーは、そのままオプションパーツでマウントレールに取り付けられるので問題ないのですが、SONYのHDR-AS100Vはエアガンに取り付けるとなるとマウントがありません。

これはお国柄でしょうが、無いものをねだったところで始まりませんのでHDR-AS100Vをエアガンに取り付ける方法を試行錯誤して探してみました。

ウェアラブルカメラのネジ穴には色々ありますが、GoProは独自規格、コンツアーは独自レールシステムと三脚ネジ、HDR-AS100V含むSONYのアクションカムは三脚ネジ(ケース固定時)となっています。

カメラマウントベース

三脚ネジさえあれば何とかなるはずだと思い、試しにライラクスのカメラマウントベースを買ってみました。

反対側はマウントレールに

見てのとおり三脚ネジが用意してあり。反対側はエアガンのマウントレールに取り付けられる仕組みになっています。

カメラが邪魔

しかし、このままトップのマウントレールに取り付けようものならカメラが邪魔で狙いを付けることができません。

自由雲台

そこで自由雲台という物を組み合わせて使います。これは三脚のカメラ取り付け部のパーツで、小さいながらもグリグリと自在に動かして固定ができる台座になっています。

三脚ネジ

この自由雲台は三脚ネジに取り付けられるようになっているので、先ほどのカメラマウントベースに載せることができるのです。

カメラマウントベースに自由雲台

まず、ライラクスのカメラマウントベースに自由雲台を取り付けます。

サイドレールに取り付け

それをエアガンのサイドレールに取り付けたら自由雲台を調整したのち固定。その上にウェアラブルカメラを取り付ければ取り付け完了です。
 
ゴテゴテしている感じ

コンツアーと比べるとゴテゴテしている感じですが、三脚ネジで取り付けられる物であれば大抵のものが取り付けられる汎用性があります。

ミリタリー系ヘルメットに取り付け

さらにミリタリー系のヘルメットにはマウントレールがついているものがあり、このようにヘルメットに取り付けることも。

角度調整が可能

コンツアーと違い自由雲台を挟んでいるので角度調整がある程度可能というメリットがありますが・・・

重たい・・・

装備一式で285gとかなりの重量があり。装着しているとヘルメットが重さで偏りってしまいますし、頭を動かすと重さで持っていかれるので鬱陶しいというデメリットがあります。

ヘルメットに

ヘルメットは純正のマウントを使うのが正解でしょう。このあと実際にHDR-AS100Vに標準で付属しているヘルメット用マウントを付けてみましたが、てっぺんに付けたので違和感は殆どありませんでした。

出番はあるかな

今のところエアガンカメラはコンツアーが担当するので出番はないものの、画質の点で不満があるのでHDR-AS30Vに更新した際か、GoProを導入した際にHDR-AS100Vに切替えるときに使ってみる予定です。