東京マルイ電動ガンMP5シリーズ用ドラムマガジン

外部ソース専用GBBで東京マルイの電動ガンマガジンが使えるエスコートのMP5A GBB用に東京マルイの電動ガンMP5用ドラムマガジンを使ってみました。
簡素な造り

このドラムマガジンはプラスチック製で価格も安めなのですが、東京マルイだけあって外観は整っており安っぽさはそれほど感じません。

手動ゼンマイ


巻き上げは手動で、ドラムマガジン前部に着いたネジを巻いていく仕様です。これが結構巻かないとゼンマイが巻ききらず、サバゲーの途中で切れたら冷や冷やしそうです。

ある意味、電動マガジンの本当の素晴らしさを理解できるマガジンでもありますね。

リップ周辺

マガジンリップ部分はプラスチック製で残弾を取り出すこともできるストッパー付です。

BB弾挿入口閉じ

BB弾の入り口は円形部分の後ろ上部にあります。

BB弾挿入口開き

ここがパカッとひらいて挿入口となります。若干狭いので袋からBB弾を移すよりはBB弾用のボトルから入れてやるほうが効率が良いです。

やんちゃなMP5

入れ終わったらゼンマイを巻いて装着です。優等生のイメージがあるMP5がギャング御用達のようなヤンチャな雰囲気になりました。

エスコートのMP5A5 GBBの場合東京マルイの標準マガジンは付属のマガジンと同じ感覚で挿入しても問題無いのですが、このドラムマガジンだと少し渋く、取付けにはこつがいります。

おそらくリップ部分の円筒形パーツ部分に本体側のチャンバーに行く給弾パイプが干渉しているのでしょうが、僅かに前方に傾けて挿入すると簡単にマガジンが入りやすくなります。


この状態で撃ってみましたが、ゼンマイが完全に緩んで撃てなくなるまで200発近くは撃てます。

ゼンマイが緩みきったらまた巻く必要がありますが、そのまま給弾せずに使うと2回目は1回目の半分も撃てません。

おそらくBB弾が少なすぎて上から押さえつけられなくなり、給弾ユニットに上手く入り込まないのだと思います。サバゲーならいっそ巻くよりはマグチェンジした方が良いかもしれませんね。

しかし、GBBでこの連射性能は反則クラスといってもいいほどで、インドア戦でゲーム性を重視するのであれば十分に使えそうな組合せだと思いますね。