GHK AKS-7Uを修理


過去に公開したエアータンク制作時のことですが、エアータンクで何発撃てるか確認している最中に突然動作しなくなってしまったGHK AKS-74Uを修理することにしました。

コッキング後ハンマーが落ちない

症状はトリガーを引いても全くブローバックするどころか何も動かないという状態で、アッパーレシーバーを開けて見てみるとハンマーが全く落ちないことがわかりました。

さらに調べてみるとハンマーにテンションを掛けているスプリングが破損していることに気付き、このパーツを取り替えれば修理できそうだと判断して部品を購入してきました。

今回お世話になったショップはFOXさんです。中華系のエアーガンをメインに保守パーツも発売しているので助かりました。

新旧AKハンマー

保守パーツはGHK AK ハンマーセットで比較的新しめのGHK AKシリーズに採用されているハンマーとスプリングのセットのようです。

写真ではハンマー左側と折れていないスプリングがセット内容なのですが、そのままそっくり同じ物ではありませんでした。

しかし必要なのはスプリングで、形状からみてそのまま流用ができそうなのでスプリングのみを交換することで修理を試みました。

ピンの固定はEリング

GHK AK-74Uのハンマーを固定しているピンはEリングにて固定されています。Eリングプライヤーも無く、ラジオペンチも役に立たなかったため、最終的にマイナスドライバーで抜き取りました。

少し傷つきましたが、AKシリーズは傷んでなんぼの銃だと思っているので気にならないのはいいところですね。

ハンマースプリング

そして摘出したスプリングがこれです。見事に途中からボッキリと折れています。

これではハンマーにテンションがかからないわけです。

スプリングを交換

新しいスプリングに交換してみましたが完全に互換というわけでもなく、ちょっと問題もあります。

まず、スプリングの厚みが大きくなったためフレームとの隙間が埋まりハンマーの動きが渋くなってしまいました。

ただし、ガスブローバック機能には問題なく、エアーを供給していない状態でコッキングした後のハンマーが落ちる際の音がコチンという金属音がしていたのが何もしなくなっただけです。

GBBとしての本当のハンマーはこれ

実銃のハンマーにあたる部品はダミーですので、ガスバルブを叩く本当のハンマーさえ機能すればOKです。

ハンマーはダミーでもガスバルブを叩くハンマーの稼働もハンマースプリングが担うため、スプリングの交換で動くようになったわけです。

ピンが引っ込んでいる

もう1つ、ハンマーを固定するピンがスプリングの厚みで左側に押し込まれたため、右側フレームを見るとピンが他のピンと違い引っ込んでいます。

しかし、見た目はガサツなほどらしさが出てくるAKシリーズですから、これもある意味一つの味として受け入れられるのがいいですね。


お気に入りのガスブローバックを復活させることができ思わず外で数マガジン撃ってきましたが、重たいリコイルをまた肩で受け止めることができるようになったのは嬉しいですね。

一時はWEのAKS-74Uを買おうかと迷いましたが修理して正解でした。色々と耐久性に難があるGHKのAKS-74Uですが、これからも末永く愛用していきたいところです。