GBB KG-9

今回紹介するのはマルゼン最後のKG-9というとこで、フルオートガスブローバックとなったKG-9を紹介していきます。

マルゼン最後のKG-9

マルゼンはKG-9が大のお気に入りなのか様々なKG-9を出しています。

カート式エアーコッキングの1世代目、エアーコッキング・ポンプアクション・セミオートのガスガンとなった2世代目、そして過去にレビューした3世代目のBV式ガスガン、最後は今回の紹介するフルオートガスブローバックとなります。

MARUZEN GBB KG-9

先代は当時のサバイバルゲームで有力なエアーガンとしての地位を獲得していたため、市場流通量も多く、今でも手軽に中古を手に入れることができますが、第4世代のKG-9はすでに電動ガンが市場に出て大流行した時期だったため僅かしか市場に出ていないようです。

おかげで手に入れるまで随分長い時間待つこととなりました。

マルゼン ガスブローバック KG-9

前回間違ってBV式ガスガンのKG-9を買っているだけに、今回は間違えないということで色々調べてみましたが、KG-9にはフルオートではなくセミオートのガスガンもあるのでよく調べないと一体いつの世代のものか混乱しがちです。

先代と比較

ということで、特に間違えやすいだろうと思われるBV式ガスガンのKG-9と、今回のフルオートガスブローバックのKG-9を比較してみました。

コッキングレバーの色が違う

特徴的なのはコッキングレバーの色でしょう。フルオートガスブローバックのKG-9は銀色に対してBV式ガスガンのKG-9は黒色です。

エアコッキングタイプのKG-9はコッキングレバーがもっと長いため間違うことはないと思います。カートが付いているのも特徴でしょう。

セーフティーの有無

フルオートガスブローバックのKG-9はセーフティが追加されています。BV式ガスガンのKG-9にはありませんし、実のところ実銃にもありません。マルゼンが後から付けたようです。

ここも特徴的なので外見で判断する際は注目するところです。

グリップ無いのプラグ

BV式ガスガンには外部ソース用のプラグがグリップ無いに存在します。フルオートガスブローバックのKG-9はリキッドチャージ式なのでそのようなものはありません。

マガジンリップの違い

マガジンリップも特徴的な差があります。オークションではこの箇所を見せる人はほとんどいないのですが、見れば一発で見分けが付きます。

左がBV式ガスガンのKG-9で右がフルオートガスブローバックのKG-9となっています。

マガジン底部の違い

マガジン底部にリキッドチャージ用のガス注入口があるものがフルオートガスブローバックのKG-9。無いものがBV式ガスガンのKG-9です。

これだけ知っていれば間違うことはないでしょうが、余りにも情報が少ないセミオートのガスガンについては今だ1度しか見たことがないためどこが違うのか分かりません。

元箱があるのであればアニメチックなパッケージとなっているのがセミオートガスガンのKG-9で、冒頭の写真の元箱がフルオートガスブローバックのKG-9となっています。

しかし、ここまでして手に入れたのですが残念ながら10年以上も前のガスガンのため遊んでいると調子が悪くなりました。

ボルトユニット

ボルトがフルストロークせず、マガジンを暖めてもハーフコッキング状態でとまるため分解して調べてみたのですが、ボルト内部のピストンユニットに問題がありました。

パッキンが破損

気密を保持するパッキンが見事に割れていました。経年劣化で弾力性を失っていたので、稼働時のストレスに耐えきれなかったのでしょう。

セロテープを巻いてパッキン代わりに

GHKのAKS-74Uの検索をしているときにピストンユニットを割った人がセロテープで補修している記事を思い出して真似をしてみたところ、一応は稼働するようになりました。

ただ、気密が完全に取れていないのとフリクションが大きく燃費が悪化したためリキッドチャージではまともに使えない状態です。

エアーコンプレッサーの外部ソース

ここで外部ソースの出番です。元より外部ソース化する予定でもあったため、その流れで外部ソース化してみました。

プロテック製だと長さが足りず使えなかったため、マルイのガスブローバックMP7A1で使用したフリーダムアート製のマルイガスガン向けのプラグを今回も利用しています。

外部ソース化

そのままだとプラグが入らない

マガジン底部のガス注入口は小さいため細めのフリーダムアートのプラグでも通りません。まずは、ここを拡張しました。

拡張作業

ステップアップドリルで削ればあっという間に拡張できます。

ステップアップドリルで穴を拡張

このようにガス注入口が大きくなりました。

リューターでバリ取り

しかし、バリがあるため危ないのでリューターでバリ取りをして安全な状態に加工します。

加工完了

これで拡張した穴が綺麗になりました。後はマガジンに戻してプラグを交換すれば外部ソース化完了です。

下記で掲載している動画を見てもらうと分かりますが、4mmホースを短くしその先にマイクロカプラーの4mmチューブフィッタープラグを使用しています。

取り外しの点からするとプロテックに分があるのですが、フリーダムアート製の場合は短くしてプラグを追加することで取り回しをある程度改善することができます。


まともに運用できるようになったところでフルオートガスブローバックのKG-9の外観を見ていきたいと思います。

金属の質感が素晴らしい

見た目は先代と同じく金属パーツを多用しているため質感は最高の一言です。現在マルゼンが出しいてるフルオートSMGは全て樹脂パーツメインのため質感だけでいえば圧倒的に勝っているというところです。

このクオリティを現在のSMGシリーズでも再現してもらいたいところですが、現在その要望を聞いてくれるのは中華製のガスガンだったりするので国内メーカーももっと頑張って欲しいですね。

いかにもギャング向けの外観

銃口付近のパンチングされた放熱口からはいかにも悪役の銃というイメージですが、実際はまさにその通りらしく、イングラムM11と同じく簡単にフルオート化ができたためギャングに好まれて使用されていたという悪名高い銃です。

セーフティーが追加され安全性を高めている

実銃にはセーフティは無く、作りも完成度も粗悪というイメージが私の心をくすぐるのですが、上記のようにマルゼンが実銃にはないセーフティーを付けています。

同じ運命をたどったイングラムM11ではセーフティーがあったものの暴発の危険性があったりと、粗悪なSMGは危なっかしいものが多いようです(オープンボルトだから仕方ないと言えばそうなのですが)。

コッキングレバー

実銃と似ていない部分としてはもう1つサイクルの低さがあり、実銃はSMGらしく1000RPMあるのですが(ご先祖のMP-9で)このマルゼン製のガスブローバック KG-9はアサルトライフルのようにサイクルは遅くなっています。


現行のマルゼン製SMGはそれ以上の1500RPMというサイクルなのですが、もしこのモデルで再現していたらまさに完璧なフルオートガスブローバックの完成だったでしょう。

マガジン

マガジンは少し問題があるようで、実はガスタンク部分が3つのタンクを組み合わせているというガス漏れしやすい構造となっているようです。

経年劣化でパッキンが性能を発揮できずガス漏れが起きやすくなっている状態でしょうから、リキッドチャージで運用するならここにも手を入れてやらないといけないでしょう。

ダブルカラムだが思ったより装弾数は多くない

構造的に装弾数はもっと増やせるほどマガジンにスペースがあるのですが、ガスの容量との兼ね合いか40発となっています。

BV式ガスガンでは倍の80発でしたから随分と控えめです。

エジェクションポート

エジェクションポートを覗くと実銃にはないバーが通っています。古いガスブローバックではよく見る構造です。

ハーフコッキング位置

マルゼンの現行SMGであるMP5Kでも採用されているハーフコッキング機能がフルオートガスブローバックKG-9でも採用されています。

フルオートでマガジンが冷えてガス圧が下がるとこの位置までしかボルトが下がらず、ガス圧の低下をユーザーに知らせるという機能です。

もちろん実銃にはこのような機能はありませんし、実銃であればジャムった場合でないとこの状態にはならないはずです。

サプレッサーのオプションもあり

BV式ガスガンのKG-9でも用意されていたサプレッサーやストックもあったようですが。限定品のため数は無く、オークションでもほとんど見かけることはありません。

専用のパーツを取り付ける特殊な方法でサプレッサーを取り付けるため、専用のサプレッサー以外は装着できません。

グリップは中空

相変わらずグリップは中空ですが、実銃も同じく中空なのでしょうか?粗悪な銃だけにもしかしたら実銃もと思ってしまいます。

樹脂パーツの仕上がりは先代より落ちている

先代と比べると樹脂パーツの仕上げが落ちているのが少し気になるところです。比較すると樹脂パーツが白っぽく少し軽めの雰囲気となっているのが分かります。

JASGになっている


よく見ると刻印にJASGのマークが入っています。マルゼンは先代のKG-9を販売しているときはASGKに加盟していたのですが、この代のKG-9を出すときはASGKを抜けてJASGを立ち上げているためJASGの刻印が入っています。

当時のハイパワー至上主義が問題となった時期でしたので大人の事情というやつでしょうね。その他にもASGKからはマルシンが抜けてSTGAを立ち上げたりと、市場が小さな業界なのにここまで分離したのは複雑な事情とやらがあったのでしょう。

美しい造り


しかし、見ていて飽きない造りです。金属の質感といい、リコイルショックといい撃っていて楽しいと感じるガスブローバックです。

すでに元の能力は無く命中精度も酷いものですが、味があるので使い始めるとついつい撃ちすぎてしまいます。今となっては実銃同様見向きもされないモデルですが、末永く愛用していきたい一品です。

現在この4世代目のフルオートガスブローバックのKG-9を入手するにはオークションで待つしかありません。なにぶん市場流通量が少なかったためほとんど見かけませんのでアラート登録をして根気よく待つのが近道です。

マルゼン KG-9 フルオートガスブローバックを探してみる
posted with カエレバ