ワンカップカフェオールドリッパー

コーヒーは断固豆派の私ですが、ドリップは紙製の1人用ドリップペーパーを使用していたのをワンカップカフェオールドリッパーに切替えてみました。
内容一覧

中身はワンカップカフェオールドリッパー本体と兄弟商品である、ワンカップカフェオールには用意されていないアダプター(皿状のパーツ)がついてます。

裏側

裏側です。カフェオールドリッパーの特徴であるステンメッシュフィルターが見えます。

ステンメッシュ

このステンメッシュフィルターの特徴はペーパーレスで経済的というだけでなく、コーヒーアロマがそのまま抽出されるのでドリップペーパーと違い香りとコクが豊かになるというメリットもあります。

デメリットは掃除が少し面倒なのと、スーパーで売られている安いブレンドコーヒーで使用すると雑味が増して飲みづらくなります。

ですからカフェオールドリッパーを使用する場合は、コーヒー専門店などで売られているそれなりの価格の物を用意することが大切です。

それと別にワンカップカフェオールドリッパーにはどれだけカップに注ぎ込まれたか分かりにくいという点もあります。

兄弟商品のワンカップカフェオールではガラスのカップが付くのでその点は問題とならないのですが、陶器のカップを使用すると中が全く見えずドリップ中に本体を上げて中を適時確認する必要があります。

使い方

使い方自体は特に変わりなく、コーヒー豆を入れて蒸したらそのままお湯を注ぐだけです。

メモリ付き

ワンカップカフェオールドリッパーには目盛りが付いているので濃さをある程度調整することも可能です。大きなサイズのカフェオールドリッパーにも付いていますが、挽いた豆を計量する必要がないのでかなり便利です。

レッツドリップ

さっそくドリップしてみましたが、豆のひき方が細かいと目詰まりしてなかなか抜けていきませんので粗挽きをおすすめします。

特にグァマテラやコロンビアなど、コクや苦みの強い産地の豆を使うと粉末状のコーヒーがメッシュをすり抜けて落ちていくため苦みが強く出てしまいます。それらの産地の豆は粗挽き推奨です。

これでフィルターも不要で、美味しいコーヒーを飲みたいときに1杯分つくれる環境となりました。昼食を取って記事を書きながらコーヒーを飲むという最高の環境で今記事を書いていますが、コーヒー好きにはお勧めの1品ですよ。