GHK-AKS-74U-with-ACOG


中華ガスブローバックにしては20mでも意外と素直な弾道を描くGHKのAKS-74Uですが、アイサンサイトがあてにならないのでスコープを取り付けてみました。

AKレールマウント装備

GHK AKS-74Uは実際にはAKS-74UNでAK専用レールが本体にリベット止めしてあります。そこにレールマウントを取り付ければ20mmレール対応のアクセサリが取り付けられます。

今回取り寄せたAK用マウントレールはAmazonで販売していたUFCMT42 NEW AK74 サイドマウントベースです。

GHK AKS-74Uに取り付けると、リアのアイアンサイトが20mmレールのすぐ手間にあるので、ライフルスコープなどの長いものは干渉する可能性があります。

長いライフルスコープはリアのアイアンサイトに干渉する

幸い、今回取り寄せたスコープはACOGなので20mmレールよりも短く干渉することはありませんでした。

折れて取れてしまった固定レバー

問題があるとすればむしろレール側のほうで、どこのメーカーの物か分からない中華製ですが、AK側のマウントを締め付ける金具が剛性不足により締め付ける途中で破損してしまいました。

流石中華製、期待を裏切らない

最後まで締め付けガッチリ固定することができたものの、GHK AKS-74Uに付いているAKレールのリベット留めが甘いので若干ぐらついてしまいます。

また、レール部分の固定に使用しているネジが緩んでいるので、しっかりと増し締めをしておかないと余計にぐらつきます。

ちなみにAK用マウントレールを付けると、ストックは折りたためなくなります。残念・・・

トリジコンACOGスコープ(レプリカ)

スコープはトリジコンACOGスコープ(レプリカ)です、現行型は集光チューブが付いていますが、見た目が好きではないので集光チューブ無しの物を選びました。

レティクル

レティクルはこんな感じになっています。近距離では焦点が合わないので、使用するにはある程度の距離が必要になります。そのためのスコープですので、当たり前といえば当たり前ですね。

ACOGスコープにも様々ありますが、集光式や電池式は発光タイプのレティクルになっているようです。

アイアンサイトが付いている

倍率は4倍で中距離向けとなっています。また、近距離にも対応できるようにアイアンサイト代わりのサイトや、本体のアイアンサイトを使える覗き穴が付いているなど、よく考えて練り上げられた構造になっています。

レティクルの調整ネジ

中華製のレプリカですが、レティクルの調整も可能で上下と左右の調整ネジがカバーの下に存在しています。ちなみに、このネジはなめやすいので調整時は注意が必要です。


※字幕訂正 ×AGOC ○ACOG

で、命中精度は上がったのか?というと抜群に向上しました。アイサンサイトでの命中精度はGHK AKS-74Uの記事を見てもらうとして、ACOGスコープを付けた際の命中精度は動画を見てのとおり、20m先に置いたA4サイズのターゲットに収まる結果となりました。

エアコンプレッサーによる外部ソース化及び、それに伴う初速減速のためバレルカットをしているのでGHK AKS-74Uの箱出し状態とは比較はできないかもしれませんが、少なくともアイアンサイトよりはあてになることだけは確かでしょう。