GHK-AKS-74U


いつかこれだけは手に入れておきたいと思っていたAKS-74Uを手に入れてきました。メーカーはGHK、もちろん電動ではなくガスブローバックです。

この頃GHKから新モデルが登場しているようですが、今回紹介するのは旧モデルのほうです。新モデルと旧モデルの違いは、マガジンリップに違いあるようで、WEのAKS-74Uと同じリップが飛び出ているものが新モデルのようです。


ということで、今回は古いモデルのGHK AKS-74Uをレビューです。


●外観がヤバイ

金属製パーツが質感を引き立てる

外装は金属が多用されAKらしい無骨な雰囲気が出てきています。M4の洗練されたイメージと真逆にあるAKは、野暮ったいイメージでこれでも綺麗に感じるぐらいです。

ハンドガードが木製

WE製のAKS-74Uはハンドガードが樹脂製ですが、GHKのAKS-74Uは最初から木製ハンドガードが装備されています。本物に比べると質感は違いますが、樹脂製とは雲泥の差です。

フラッシュハイダー
ストック

もちろんストックやフラッシュハイダーも金属といった具合で樹脂製のパーツといったらマガジン、グリップしかないほどです。

AKレールマウント装備

GHK AKS-74Uは実は実銃でいうAKS-74UNにあたり、スコープマウントを取り付けるためのレールがサイドに取り付けてあります。アッパーレシーバーのうえに20mmレールが取り付けられるオプションを購入すればダットサイトやスコープもとりつけられ、西側のパーツと混在させたPMC仕様も楽しめます。


●壊れやすくてヤバイ

壊れたマガジン

実銃は頑丈で壊れにくく、メンテナンスも楽という設計なのですが、このGHKのAKS-74Uは壊れやすく、すでにいくつかパーツが壊れて修理をした後です。元々中古だったのもありますが、それでも壊れやすいのはネットでも散々書かれています。

マガジンのテープも修理跡の一つですが、あり合せの物で修理するのもAKらしい雰囲気を出す一因となっています。

割れたバレル固定パーツ

他にもチャンバーユニットにバレルを固定するパーツが割れたりとトラブル続きで、未だにチャンバーユニットの固定が甘く、弾ポロします。

しかし、これだけではなく、ボルトユニットの先端が欠けたり、ピストンが割れたりと使えば使うほど壊れていくようです。海外産なら仕方ないと割り切れるのものの、問題は修理をどうするかです。

GHKのスペアパーツは供給量が少なく、スペアマガジンですら手に入りにくい状態です。中華系のエアーガンを扱う某Bショップでパーツを手に入れたら言ってる話と大違いで、サイトをよくよく見ると案の定運営者は中国人、二度とこのショップで買うもんかと、久しぶりに腹立たしい思いをしました。

もし、AKS-74Uのガスブローバックが欲しい人はGHKではなくアフターパーツやスペアパーツが豊富に流通しているWEのモデル(WEも壊れやすいけど・・・)を買った方が間違いがありません、できるなら日本人の経営するアフターサポートが厚いショップでの購入をお勧めします。

ともかく海外製のガスガンなので壊れやすく「ヤバイ」です。


●初速がヤバイ

そして次の「ヤバイ」は海外産のエアーガンによくある初速問題です。ネットでもちらほらと初速が危ない領域に入りそうという情報を見て心配していました。国内でデチューンして販売してあるところもありますが、箱に国内銃刀法適合とか書いてあったので、デチューンして初速が落としてあるのかと思いきや全くの嘘でした。

夏場は気温により初速が規制値を超える可能性があるので、所持した場合はしっかりと初速を計っておかないと安心できません。

高い初速のせいで、外部ソース化してCP-100の最高圧力である0.68Mpaをかけたら見事に0.989Jを超えてしまい準空気銃となりましたとさ・・・。
※GHK AKS-74U(旧モデル)のプロテック製適合コネクティブプラグはTYPE1です

切ったバレル

ガスが盛大に吹き出るため、外部ソース化するとかなり初速が上がるようです。お縄になるのは勘弁なので即時バレルカットをして国内規制値内に納まるようにデチューンしました。

バレルカット後の初速


最終的にバレルを9cmもカットしてようやくこの数値になりました。少し低めですが、今後エアータンクを作製する予定で、その際のレギュレーターが最高圧力0.8Mpaとなるのでこの程度余裕がないと危なくてやってられません。

アウターバレルの取り外しピン

ちなみに、インナーバレルを抜くには、写真真ん中のピンをエジェクションポート側から反対に叩いて抜き、アッパーレシーバーを開けて前に押し出すとアウターバレルもろとも外れ、インナーバレルを外すことができます。

バレルカット後の処理

後はサンダーでカットしてヤスリやリューターで削って整えれば完成です。9cmもカットしたのでバレル長が大型自動拳銃並の短さになってしまいました。


●メカニズムがヤバイ

内部構造

そして最後の「ヤバイ」がそのメカニズムです。外見もさることながら、内部構造もAKに似せて作ってあるため、AK特有のシンプルなパーツとクリアランスの大きな内部構造を見ることができます。

ボルトのストローク1
ボルトのストローク2

しかもブローバック量が半端じゃなく、リコイルダンパーがついている状態でここまでブローバックします。さらにリコイルダンパーを取り除けばリコイルショックは減少しますが、フルストローク状態に・・・ただし、途中で引っかかることが多いのでお勧めはしません。

210gという重量級ボルトが装着されている

ただし、ボルトが210gと重量級のため、ブローバックエンジン自体の燃費がヤバイです。マガジンも冷えやすく、10発もフルオートで撃ったらストローク量が目に見えて短くなり、生ガスを吹き出しはじめます。動画でもその燃費の悪さが見て分かるとおもいます。

そのため、セミオートでしかサバゲーでは使えないという話も聞きます。そこで外部ソース化してみたのですが、初速の問題さえクリアすれば面白いもので、鈍く重たいリコイルショックがズシンズシンと肩だけでなく体を揺さぶります。

ガスガンとはかけ離れた金属音の混じったかなり大きな音がするので、空撃ちでも迫力があります。なにしろ撃っているときに周りの音が聞こえなくなるほどで、屋内で撃つなら時間帯によっては近所迷惑間違い無しの代物です。


●フィールドストリッピング

AKシリーズだけあってフィールドストリッピングは非常に簡単にできます。

アッパーレシーバー後部のピン

マガジンを抜いて、アッパーレシーバー後部のピンを押しこみアッパーレシーバーを上にあげます。

内部構造

アッパーレシーバーを上げた状態です。このように内部が見える状態になります。

先ほど押し込んだピンを押し込んで回す

先ほど押し込んだピンを押し込んで、固定された状態から開放されたら180°回転させ手前に引き抜きます。これでスプリングとボルトガイドバーが外れます。このときボルトの先端から真鍮のリングが落ちると思いますので注意してください。

ボルトを後退させると外れる

ボルトを後退させると、レールからボルトが外れます。写真ではリコイルダンパーがついている状態で外していますが、リコイルダンパーを取り除くとスムーズに取り外すことができます。

ピストンを伸ばした状態のボルト

これでフィールドストリッピング完了です。構造が簡単なので手間もかかりません、さすがAKといったところですね。

アッパーレシーバーを開くとハンドガードも外れる

ちなみにアッパーレシーバーを開くとハンドガードも外れるようになります。そのまま上に押し上げれば簡単に抜けます。

ピンを前に倒す

下側が開いた内部にあるピン(写真中央のパーツ)を前に倒すとパーツの固定が解除されるので、ハンドーガードごと前に押しやれば外れます。

ハンドガード取り外し

これでハンドーガードがはずれました。下側の金属製固定具を無くさないように注意してください。これがないとススペースができ、ガタガタとハンドガードが動いてしまいます。

フラッシュハイダーを取り外した

フラッシュハイダーは固定しているピンを押し込みながら回すだけで外れます。その中に大きな口径のスペーサーがありますが、逆ネジで固定されているので今度ハイダーとは逆の方向に回せば取り外せます。

フラッシュハイダーのマウントも外した

14mm逆ネジ?ですかね。汎用サプレッサーをもっていないので確認ができません。



●まとめ

ここまで散々叩いたGHK AKS-74Uですが、外部ソース化した後は面白い銃に化けてくれました。飾っていても映えるしとお気に入りの1品です。ただし、人に勧めるならWEのAKS-74Uを買った方が間違いがないのは確かです。

WEはスペアパーツとアフターパーツが豊富なので、このGHKのAKS-74Uが完全に壊れた際はWEのモデルに買い換えようと思っています。

ともあれ色々とヤバイGHKのAKS-74Uでした。